生体認証キーで注意するべき事とは?

鍵を紛失する心配がなくピッキングが不可能なため、セキュリティ面で高い効果が期待できる生体認証錠ですが、注意するべき点もありますよ。

生体認証ですから、指紋認証の場合、冬場の乾燥や指の怪我、年齢や指の状態によっては登録時の指の状態と異なっていたら指の指紋を認証してくれなかったり、エラーが出る場合もあるのです。

幼い子どもがいる場合、成長によって指が大きくなったら指紋認証の登録をし直さなければならない事も考えられますよ。

生体認証錠が屋外にある場合、雨や埃などによってセンサー部分が汚れてしまうと読み取りにくくなってしまうため、センサー部分の定期的なお手入れが必要になります。

第三者に指紋を複製されてしまったら、解錠されてしまうリスクがあるという事を理解しておきましょう。