Top >> ファーレ倶楽部とは

ファーレ倶楽部の歴史

「ファーレ倶楽部」はファーレ立川にあるパブリックアートを案内するボランティアグループです。1996年10月に立川市が第一回目の「アートコンダクター養成講座」を開催し、その受講生の有志により1997年5月に結成されました。その後2回開催された講座の受講生の希望者やアートツアーに参加して入会を希望した人達が会員となっています。 現在は、アートツアーを行う会員、アートの清掃だけに参加する会員、現在は活動を休んでいる会員、会員それぞれが無理をしないで自分ができる範囲で仲間と楽しく活動しています。

おもな活動

依頼を受けたツアーのアートガイドをしています。主に小学生の授業の一環とした「ファーレ立川」見学の際のガイドですが、少人数のツアーガイドも引き受けています。ツアーなどの際アート作品の破損や汚れ等の点検や現状報告を管理者に行ったり、年2回のアート清掃と作家を招いてのワークショップをぴかぴかアートプログラムと題して一般の方への参加のおさそいをしています。